トップページ 過去の公演

過去の公演past stage

Vol.5 あるハロウィンの物語Aru Halloween no monogatari

あるハロウィンの物語

キャストcast

月刊少年ワンダー、劇団ズッキュン娘、ピヨピヨレボリューション、劇団おぼんろ、江古田のガールズ

スケジュールschedule

2015年10月29日(木)〜30日(金)

会場stage

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』

スタッフStaff

総合演出/小宮凜子
舞台監督/岡田奏  照明/百瀬友秀(W/Finnegans)
音響/佐野貴史   音素材提供/山岸大輔
舞台美術/渡辺一人 制作/吉田千尋
企画/製作・・・大和メ組

内容introduction


≪月刊少年ワンダー≫
「鍋横探偵事務所〜ハロウィンの真実編〜」
岡田・前田・とみ、個性豊かな3人が送る大人気シリーズ!! 大いに笑えて少し泣け、そしてちょっとファンタジー。あなたのお悩み、解決します!

≪劇団ズッキュン娘≫
「腐女子会」
「純度100!不純度100!右手に愛、左手に包丁持って全力スマイル!」 藤吉みわが届ける、ダサくて可愛い"ダサかわ"集団、ズッキュン娘。

≪ピヨピヨレボリューション≫
「妖怪パラダイス〜豆狸だぽん〜」
右手愛美の描くポップだが確かな後味の残る世界観を、歌、ダンス、台詞にのせて表現。 まるで音楽ライブを観ているノリでストーリーを楽しむ、お客様も一体となった『ライブstyle演劇』

≪劇団おぼんろ≫
「ハルシオンとハバネロの夜」
『末原寓話』と評される物語りを劇団員5人でロングラン公演を行い、世代を超えて幅広い層に支持されている。

≪江古田のガールズ≫
「キミ子婆さんとヨリ子婆さんの煮物」
オーソドックスでシンプルなストレート・プレイを上演する場合もあれば、 「似非ミュージカル」「豪華絢爛ショー」「生リサイタル」等々を上演する場合もある。
ページトップへ戻る

Vol.5 ある冬の物語Aru fuyu no monogatari

ある冬の物語

キャストcast

月刊少年ワンダー、わかばやしめぐみ(劇団おぼんろ)、TOKOJYO-ZU(ロ字ック)、OLヴィーナスはちみつシアター、映画制作団体イナズマ社

スケジュールschedule

2014年12月22日(月)

会場stage

パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』

スタッフStaff

総合演出/小宮凜子
舞台監督/岡田奏  照明/百瀬友秀(W/Finnegans)
音響/渡辺裕之   音素材提供/藤木志聞
舞台美術/渡辺一人 制作/吉田千尋
企画/製作・・・大和メ組

内容introduction


≪月刊少年ワンダー≫
「鍋横探偵事務所〜大人とサンタ編〜」
毎回2本立てで行うアットホームな公演。大いに笑えて少し泣け、そしてファンタジー。心暖まる物語を、あなたにも…

≪わかばやしめぐみ(劇団おぼんろ)≫
「MEG&RINKO 〜店員と客〜」
アドバイザー BYさひがしジュンペイ(劇団おぼんろ)、小宮凜子女史との即席ユニット始動です!!

≪TOKOJYO-ZU(ロ字ック)≫
「ライブ」
ロ字ック発アイドルユニット!メンバー小野寺ずる(病弱)、堂本佳世(くノ一)、日高ボブ美(スケバン)が歌う踊る剥き出す!尽くします!

≪OLヴィーナスはちみつシアター≫
「2014はちみつ番外地」
OLと女優二つの顔を持ち、看板女優はなんとニューハーフ!!目標は「世界平和」。怒涛のショーで、愛と笑いをお届けします。

≪映画制作団体イナズマ社≫
「ロンリー・デスマッチ(仮)」
孤独なアラサー女に変質者が襲いかかる!監督 木場明義 出演 小宮凜子 石尾吉達 ほか

ページトップへ戻る

Vol.4 瑠璃色の雫Ruri iro no Shizuku

瑠璃色の雫

キャストcast

小宮凛子(大和メ組) / 林沙也歌(大和メ組) / 柳裕美
あらいまい / 山本あゆみ / 竹井沙紀 / 齊藤美来
板倉武志 / 塩崎こうせい (X-QUEST)
ASK / Urika / ENA / ai / 牛頭奈織美

スケジュールschedule

2013年1月10日(木)〜14日(月)

会場stage

池袋シアターグリーンベースシアター

スタッフStaff

作・演出・・・柳明菜
演出助手・・・小宮凛子
振付監修・・・林沙也歌
振付・・・林沙也歌、ASK
舞台監督・・・tetsu
照明・・・小坂章人
音響・・・山田菜津美
舞台美術・・・愛知康子
映像・・・柳明菜
衣装・・・KAPI、宮城由香利、梅田沙代
ヘアメイク・・・古賀万智、久保田香織、鹿間優紀子、西村リサ、関口宏美[フロムハンド]メイクアップアカデミー
制作・・・吉田千尋
スチール・・・仲宗根美幸
撮影・・・木場明義
企画/製作・・・大和メ組

内容introduction


いつも夢に見る黒い影・・。
母に捨てられた暗い記憶によって声を失った少女、瑠璃。
そんな瑠璃が突然の雨と共に迷い込んだのは、不思議な世界。

踊る猫に、魅惑的な女の館、荒れ果てた森に、水のない川・・
そして、苦しみを消してくれるというこの世界の守り主。
瑠璃は歌声を与えられ、そこで暮らし始める。

しかし、一見幸せそうな暮らしは歌声と共に崩れだす。
瑠璃は知らされなかったこの世の理、そして母の記憶。
魂と引き換えに願いを一つ叶えてくれるという水鏡に祈った瑠璃の最後の願いとは…

映像や写真はこちら

ページトップへ戻る

Vol.3 時空恋歌Jiku Renka

時空恋歌

キャストcast

小宮凛子 / 林沙也歌 / ASK / 中本恵 / 牛頭奈織美/ 瑞樹カンナ / 土佐まりな / 茅田望見 / 小栗諒 /

歌い手cast

柳裕美

スケジュールschedule

2012年7月31日(火)、8月7日(火)、21日(火)、28日(火)、
 9月4日(火)、9月11日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)
 開演 20:45 開場及び受付開始 19:30

会場stage

南青山 Velours

スタッフStaff

作・演出/柳明菜
作曲・演奏・歌/柳裕美
ダンス振付/林沙也歌
殺陣指導:戸沼季代(魂刀流志伎会 http://kontou.net/)
照明/森美咲
音響/山田菜津美
映像/臼井永実

衣装:白鳥真惟(ももいろぞうさん)・堂園麻由子
メイクプラン:天羽由貴子
スチール撮影:麻沼文香

内容introduction

自由を奪われた過去、自ら自由を捨てようとする未来。
その分岐点に立つ少女はある物語に出会い"今"を・・・。

時空を越えた恋物語、表参道にある豪華なレンストランにて
女の子たちがこの夏お送りするファンタジックショー。

映像や写真はこちら

ページトップへ戻る

Vol.2 夢ひとときの万華鏡Yumehitotoki no Mngekyo

夢ひとときの万華鏡
夢ひとときの万華鏡

キャストcast

小宮凛子 / 林沙也歌 / 瑞樹カンナ / 鳥越美月 / ASK / あゆMC /

スケジュールschedule

2012/424(火)、5/1(火),8(火),14(月)

会場stage

南青山 Velours

スタッフStaff

作・演出/柳明菜
作曲・演奏・歌/柳裕美
ダンス振付/林沙也歌
照明/森美咲
ボイスパーカッション/紘

内容introduction

夢か現実か 偽りか真実か 
だれもしらない 時間のカラクリ     
夢ひと時の 世界はまるで万華鏡

女の子たちがこの春お贈りする
ちょっぴりセクシーでちょっぴり切ないパフォーマンスショー♪

映像や写真はこちら

ページトップへ戻る

Vol.1.5 金の手鏡 sow dropバージョンKin no tekagami

金の手鏡

会場stage

川崎ラゾーナ プラザソル

スタッフStaff

作・演出/柳明菜
音響/紘
ダンス振付/林沙也歌
装飾/篠原志奈
メイク/岡田かおり

スケジュールschedule

2012/1/9(月)祝

キャストcast

小宮凛子 / 林沙也歌 / 柳裕美 / 宮嶋みほい / ファンタ / 神崎ゆい / 河野春菜 / 小林知未 / 瑞樹カンナ/

内容introduction

初演の金の手鏡をリメイクし、映像衣装、キャストなどを新たに、再演した作品です。
川崎ラゾーナのショーケースイベントに参加いたしました。
映像や写真はこちら

ページトップへ戻る

Vol.1 金の手鏡Kin no tekagami

金の手鏡

会場Staff

恵比寿Cafe&BarVIBE

スタッフStaff

作・演出/柳明菜
照明/森美咲
音響/紘・柳裕美
宣伝美術/柳明菜・小宮凜子
ダンス振り付け・指導/林沙也歌
衣装/鈴木尚子
装飾/篠原志奈
メイク/岡田かおり

スケジュールschedule

2011/12/22(木) 〜 2011/12/23(金)

キャストcast

小宮凛子 / 林沙也歌 / 柳裕美 / 宮嶋みほい / ファンタ / 樟葉 / 神崎ゆい / 河野春菜 / 小林知未

内容introduction

時代は過去?・・・未来?
ここは人間界?自然界?・・霊界?・・・宇宙界?
そんな異境にさまよい込んだ少女。

ここには時間もなければ、言葉もない。
膨大な時間と、膨大な情報が、走馬灯のように駆け巡り、彼女を包み込む。

ただそこでは、木が育ち、火が燃え、土が肥え、金が輝き、水が流れる。
そんな自然のサイクルは彼女のちょっとした心の揺れから崩れ始めていく。
人の心の中にある光と陰、善と悪、陰と陽・・・
最後に残るのは己の心のみ。
ページトップへ戻る